ホーム > iPad入門講座 > Lightningコネクタとは?メリットとデメリット

 iPadには、充電したり、テレビに映像を出力する時などに使用するケーブルを差し込む為のコネクタが付いています。iPad1/iPad2/iPad3には、「30Pin Dockコネクタ」という規格のコネクタが採用されていましたが、iPad4/iPad miniからは新しい規格のコネクタが採用されました。それが、「Lightning(ライトニング)コネクタ」です。

iPad1iPad2iPad3iPad4iPad mini
30pin
30ピン
Dockコネクタ
Lightning
Lightning
コネクタ

Lightningコネクタのメリット

 Dockコネクタは、アナログ信号で通信を行っていましたが、Lightningコネクタではデジタル信号化としたことで、ピン数が30Pinから8Pinに減りました。これにより、コネクタの大きさがコンパクトになり、iPodやiPhoneの小型化に貢献しました。今の所、iPadに関しては、Lightningコネクタを採用した事で、端末のサイズが小さくなったということはないですが、今後の新機種には活用されることでしょう。また、コネクタ形状の変更に伴い、差込がリバーシブルタイプとなり、表裏の区別が無くなりました。

Lightningコネクタのデメリット

 コネクタ形状が変わったので、Dockコネクタで使用していた周辺機器やオプションケーブル等を今まで通り使うには、互換性を持たせる変換コネクタが必要になりました。

 この部分がアップルユーザーからの批判の声も多く、Lightningコネクタの採用によるメリットがほとんどないiPadに関しては、正直、デメリットの方が大きい印象です。

スポンサードリンク