iPad(アイパッド)を中古で購入しようと考えている方の為の情報比較サイトです。
アップル公式サイトから削除されてしまった情報も、ここさえ見れば即解決!

『iPad』は中古でも十分使える!

iPadは中古品でも需要が高く、なかなか値段が下がりません。

その理由は、古いモデルのiPadが今でも十分使えるから。

例えば、iPad史上、最も完成度の高いと言われている『iPad2』、発売されたのは『2011年4月』です。

かなり古いモデルなので、動きがもっさりして「遅い」と感じることもありますが、簡単な調べものをしたり、子どもにYouTubeの動画を見せる程度なら、今でも十分使えます。

「でも、今さら古いiPadを買うのは気が引ける」

「中古でも、できるだけスペックが良いものを買いたい」

そう思う方もいるでしょう。

そんな方は、『メモリ』が『2GB』以上を基準にしてiPadを選ぶのがオススメ!

【メモリが2GB以上あるiPad】

もはやiPadはタブレットとして完成されています。

例え最新モデルでない旧型モデルでも、メモリが2GB以上のモデルであれば、「動作が重い」とか「アプリの起動が遅い」など、使い勝手で不満を感じることは、まずありません。

実際、iPadは定期的に新しいモデルが発売されますが、タブレットとしての基本的な機能は変わっておらず、

「重量が軽くなりました」

「画質が良くなりました」

「サイズが変わりました」

この程度です。

ただし、メモリが2GBのiPadは中古価格もグッと上がるので、「中古にするか?」「新品を買うか?」その見極めが難しいところですね。

【2019年】おすすめの中古iPadランキング

iPad Retinaモデル(iPad3/iPad4)

■iPad Retinaモデル(iPad3/iPad4)2012年発売

人気は無いけど、スペックは十分!

前モデルのiPad2に比べて画質・性能もアップしたが、重量が重いこともあり、すでにiPadを持っている人たちが買い替えるまではないと判断された人気薄のモデル(同スペックで軽いiPad Airの方が人気)。その為、中古市場では二万円以内で購入できる非常にお買い得なiPad。

⇒『iPad3/iPad4』の中古価格をチェック!

iPad mini Retinaモデル(ipad mini2)

■iPad mini Retinaモデル(ipad mini2)2013年発売

子ども用として最適な小型iPad

子供にちょうど良い大きさで、重さも最新のiPad mini4とほとんど変わらない軽さ。次期モデルiPad3と比べてもスペックはほとんど変わらないので、中古では狙い目のiPadです。動画を流したり、文字や英語の学習アプリの利用も問題なし!

⇒『iPad mini2』の中古価格をチェック!

2017 iPad(iPad5)

■2017 iPad(iPad5)2017年発売

歴代最安値の9.7インチiPad

今までのiPadと比べると定価が下がった為、中古でも低い金額で入手できます。次モデルのiPad6と比べても、ほとんどスペックも変わらない。今後は、2019年3月18日に発売されたiPad Air3に人気が集中すると思われるので、通常のiPadは、中古価格が大きく崩れることが期待できる。

⇒『2017 iPad』の中古価格をチェック!

スポンサードリンク